ホットヨガのデメリットについて

ホットヨガはメリットが多いものですが、何かデメリットに挙げられるようなものはあるのでしょうか?

ヨガというのは、風邪をひいている時などにはあまりすすめられない運動です。体を激しく動かす運動ではないものの、風邪など、何かしら体調を崩してしまっている時でしたら、安静にしておかなければならず、どんなに体を激しく動かすわけではないホットヨガであっても、控えておかなければなりません。

特にホットヨガは、サウナのような環境の中でやりますので、終わった後の気温差などにより、体に負担がかかり、風邪をこじらせてしまうという事もありますので、風邪をひいている時、あるいは風邪が治ったばかりという方は、完全に元気になるまでは、ホットヨガをやらないようにして下さい。

ホットヨガのデメリットと言えば、やはり暑い中でやるので、ヨガを行った後に、よく汗を洗い流しておかなければ、その汗によって、風邪をひきやすくなってしまうという心配も考えられます。

ホットヨガをやり終わったとの気温差にも気を付ける必要がありますので、ホットヨガ修了後には、できるだけ汗を完全に拭き取り、少し休んでから次の行動に移ったり、場所に移動したりするようにするといいです。

ホットヨガは、本来、喘息持ちの方や、気管支系の持病を持っている方などにも有効な運動法となります。実際に、ホットヨガを用いて、このような持病の症状を緩和させる事ができたいという方も多く、花粉症の症状にもよく効くそうです。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です